最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    意外と簡単にできる、様々なAGAセルフチェック方法の紹介

    近年、日本人男性の薄毛のほとんどが「AGA」ということが、一般的な認知度が高まっている脱毛症です。薄毛になったからといって、必ずしも発症したとは限りません。しかし、普段髪の毛のことが気にならなくても、初期症状が現れている場合もあります。ゆっくりと病状が悪化する進行性の病気であり、発見と対処が遅れた状態で放置することで病状は深刻化します。治療は難しく期間も長くなり、経済的負担も大きくなるものです。

     
    早期発見をする事ができれば、それだけ効果的な早期治療が可能です。自分は病気ではないと思っていても、1度はセルフチェックをしてみると良いでしょう。健康であるからこそ、それを維持する為にできる一手間が効果的です。

     

     

    セルフチェックを簡単にできる便利な方法として、各病院のホームページや啓発サイトで紹介されている診断コンテンツを利用する事ができます。チェックシートの中で自分に当てはまる項目をチェックしするだけで、健康状態の大まかな説明と通院の目安となる情報を教えてもらえるコンテンツです。各病院毎にチェック項目は様々ですが、いずれも病気の特徴や、その病院に来院される患者さんの症状を元に作成された物ですから、判断と通院の目安になります。

     
    この他にも、代表的な条件に自分の状態が一致するかを比較する方法もあります。例えば、家族の中に薄毛の方がいるかどうか。また、抜け始めた時期が思春期以降であるかや、抜け毛や薄毛が前髪の生え際や頭頂部で進行しているかどうかも大切な判断ポイントです。この他にも、髪の毛に細く柔らかい産毛が増えているかや、抜け毛が多いかどうかも調べてみると良いでしょう。

     

     

    こうした簡単なチェックを試してみるだけでも、AGAの早期発見に繋がります。早期発見は良い治療の第1歩であり、発見が早ければ早いほど治療は簡単で短期間で終わり、薄毛も解消されやすくなるものです。病気の進行は徐々に進んでいく為、日女生活の中では注意して観察しなければ初期症状がわからないものです。自分は健康だと思っているからこそ、チェックを試してみるのが大切です。

     
    病気が進行してから対処するよりも、健康を維持するために少しの手間をかける方が、結果的に手間も時間もかからず経済的です。10分とかからず終わる簡単なものですから、軽い気持ちで試しにやってみると良いでしょう。ほんの僅かな時間を惜しんで健康を損なうよりも、少しだけ自分の身体に向き合って今の健康を維持できるようにする方が賢明な判断です。”

    遺伝が心配ならAGAセルフチェックをしましょう

    男性型脱毛症(AGA) になる原因として、隔世遺伝はどれほど関係してくるのでしょうか?
    薄毛と遺伝の関係については、現在のところ医学的に完全な解明がされているわけではありません。しかし、統計や医師の経験から、ある程度の関係性があることがわかっています。

     

    ドイツ、ボン大学の研究では、薄毛の男性は「X染色体にある男性ホルモン受容体遺伝子の異変」が多く見られるため、男性ホルモンの異常が頭皮にあらわれやすいことから、髪が抜けるようになるという可能性に言及しています。

     
    男性型脱毛症の原因となる、DHT男性ホルモンの影響が受けやすさは、アンドロゲンレセプター遺伝子で決まります。アンドロゲンレセプターを感受しやすければしやすいほど、少量のDHTでも薄毛を引き起こしやすくなります。そういった薄毛に関係する遺伝子はX染色体に多く存在していることが確認されました。

     
    男性はXとYの染色体を保有し、X染色体は母親から受け継ぎます。つまり母方の祖父母が薄毛であった場合、その子孫が男性型脱毛症になる確率は高くなると言えるでしょう。父方の両親の遺伝が関係することももちろんあります。

     

     

    また、薄毛の原因となる、DHTを生み出す体質の遺伝も、男性型脱毛症に大きな関係性を持っていると考えられています。5aリダクターゼが活発であるほど、DHTが生成されるため、父親、母親のどちらかが、活発な5aリダクターゼの遺伝子を持っていれば、子供に受け継がれることになります。母親が薄毛の場合は75%、父親が薄毛の場合は50%と、薄毛の遺伝子は優性遺伝であることは間違いありません。

     

     

    しかし、遺伝による男性型脱毛症は全体の25%と言われ、薄毛自体は、様々な要因が複雑に絡み合って発生しています。両親から薄毛遺伝子を引き継いだ兄弟で、薄げになる兄と、ならない弟がいることを考えると理解しやすいででしょう。食生活や運動、ストレスなど、生活習慣が、薄毛の原因として大きく関わっていることもあります。

     
    また、正常で健康な髪は、毎日50本から100本は抜けかわるもので、季節によって量も増減します。それを抜け毛と勘違いしている方も多く、かえってストレスをかかえて、実際に薄毛を発症させることもあるでしょう。

     

     

    セルフチェックは、お風呂場の排水溝にネットなどをかぶせ、通常とおりシャンプーを行って抜け毛を調べてみましょう。髪の毛の本数よりは、抜け毛の質をよく見ます。細く、やわらかい、コシがない場合や、産毛のような抜け毛が多い場合は、男性型脱毛症である可能性が高いです。日ごろからセルフチェックを行い、気になる症状があれば、きちんと医師の診察を受けましょう。

    知っておくと便利なAGAセルフチェック!抜け毛の数え方

    男性型脱毛症、AGAは適切な治療によって改善することがわかってきました。日本でも健康保険は使えませんが、クリニックなどで治療を受けることが可能になりました。しかしその抜け毛の原因がAGAなのかそうでないのか、わかりませんよね。そこで自分で簡単にできるセルフチェック法をご紹介します。

     

    まずその前にこの脱毛症について少々理解しておきましょう。毛には1本毎にヘアサイクルがあります。成長期、退行期、休止期という3つのサイクルを繰り返して生え変わっているのですが、この脱毛症になるとこのサイクルが乱れてしまいます。本来は成長期でしっかり成長しきってから退行期に移行、そして毛が抜けてまた生えてくるのですが、成長期で成長しきる前に髪が抜け落ちてしまうのです。徐々に成長期が短くなり、最終的に生えてこなくなってしまうわけです。
    ヘアサイクルが乱れることが原因なのですが、その元凶がDHTという男性ホルモンの過剰分泌なのです。つまりDHTが過剰分泌を防げばヘアサイクルの乱れは解消されるのです。そこでクリニックなどではDHTを抑制する薬を用いて治療を進めて行くのです。この仕組みを理解したうえでセルフチェック法について説明していきます。

     

    まずは1日の抜け毛の量を調べて平均を出すことです。抜け毛といっても部屋中からかき集める必要はありません。排水溝や枕に付いたものを数えましょう。1本1本数えるのが面倒ならぱっと見でもいいでしょう。ここで注目が本数ではなく髪の長さ、太さです。細く、短い毛が多いと要注意です。というのは上記のように髪は本来太く長く成長しきってから抜けるものです。それが細く、短い状態で抜けてしまっているということは成長期で成長しきる前に抜けてしまっているということです。無理に引っ張って抜いたわけでないなら、それは成長期が短くなっている可能性があるのです。細くて短い毛が1割程度なら特に気にすることはありませんが、3割を超えていると要注意です。ヘアサイクルが乱れている可能性があります。そもそもこういった細い毛は排水溝の網を潜り抜けてしまう可能性が高いので、きちんとチェックするには髪が引っかかるように三角コーナー用などの網をはっておくといいでしょう。

     

    こういった方法で自分の頭髪の状態をチェックできるのです。これでまずい状態であるとわかったなら、クリニックに通うなり何らかの対策をするといいでしょう。問題なくても油断は禁物です。規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事などで、体の内側から頭皮環境を整えましょう。

    AGAのセルフチェックはこれで完璧

    抜け毛や薄毛に悩んでいる男性は多いようです。はげでも構わないという方は別として、髪の状態をどうにかしたいと本気で悩んでいる人も多いのです。最近では男性に多い男性型脱毛症、AGAは治療によって治せることがわかっているので、クリニックで治療を受けている人も多いのではないでしょうか。またこれから治療を受けようと考えている方、それがAGAなのが、知りたいですよね。そこで簡単にできるセルフチェック法をご紹介します。

     

     

    髪にはヘアサイクルと言って生え変わりのサイクルがあります。毛がどんどん伸びる成長期、成長が止まって抜け落ちる退行期、抜け落ちた後で次の発毛の準備期間の休止期の3つに分かれます。男性型脱毛症になるとヘアサイクルが乱れるのです。つまり本来なら成長期で太く長く成長しきってから退行期に移るのですが、成長しきる細く短い髪の状態で退行期へと移行、そして抜け落ちて休止期となっていまうのです。つまり、サイクルがどんどん短くなって最終的には毛が生えてこなくなってしまうのです。そうなるともうどうしようもないので、生えてこなくなる前に手を打たないといけません。そのためにも自分でできるチェック法で髪の状態をチェックする必要があるのです。

     

     

    チェックするのは抜け毛です。シャンプー後の抜け毛や朝起きた後、枕に付いている抜け毛です。本数の増加も問題ですが、見て欲しいのが毛の質です。細かい毛や産毛のような細い毛が多いとまずい状態です。というのは前述のように髪は本来成長しきって抜け落ちるものですが、細かい毛や産毛のような状態で抜けてしまうということは成長期が極端に短くなっている可能性が高いのです。そういった毛が数本なら問題ないですが、抜け毛の3割を超えているようなら厳しい状態です。症状がさらに進み前に、直ちに治療を受けるべきです。また、頭髪のハリやコシもチェックしましょう。鏡で見て何だかボリュームがなくなったなというのは、育毛に必要な栄養素がきちんと届いていない証拠です。

     

     

    このようにセルフチェックをすることで初期の段階で男性型脱毛症を発見できれば、治療によって若い頃のようなふさふさの髪を取り戻せるかもしれません。いくら医療技術が発達したからと言って、つるつるになってしまってから治療をしても髪が生えてくることはありません。自分はまだ若いから大丈夫という根拠のない自信を持つのはやめましょう。気になるのなら早めにクリニックを受診し、治療を受けるのがベストです。

    AGAのセルフチェック。思春期以降の時期から20代以降から髪の毛が薄くなったら要注意

    AGAは男性型脱毛症と言われるように、男性の患者が多い病気の1つです。前髪の生え際や頭頂部から薄毛が徐々に進行していく病気であり、発病初期には自覚症状が無い為、早期発見が遅れがちです。しかし、病気の発見が遅れれば、それだけ薄毛が進行して治療が難しくなってしまいます。また、治療期間が長くなり、経済的負担も大きなものとなってしまうものです。
    そこで、早期発見に有効な対策となるのがセルフチェックによる健康診断です。鏡を見ながら10分程度で済む簡単なものですから、手間も時間もお金もかかりません。薄毛は年を取ってから起きるものというイメージがありますが、この病気は思春期以降や20代以降の若い頃から徐々に進行するものです。若いからこそ、そして自分は健康だと思っているからこそ、チェックをしてみる価値があります。

     

     

    セルフチェックの方法はとても簡単です。病院等が紹介している健康チェック項目を調べるだけで、自分の健康状態を大まかに把握できます。チェックするポイントは、例えば自分の身体の状態です。思春期以降や20代以降の若い時期から髪の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなり、柔らかく短い産毛が増えたというのは代表的な症例の1つです。また、遺伝性のある病気なので、家族の中に薄毛の方が居るという環境もチェックポイントの1つになります。この他、喫煙の趣味がある方やストレスの多い生活をしている方等、生活習慣の中にもチェックポイントがあります。

     
    病院ではこうしたチェックポイントをまとめたコンテンツを公開している所が多くあります。チェックシートにマークを入れるだけで、危険度を把握する事が可能です。健康状態の把握や通院の目安にもなりますから、1度は利用してみると良いでしょう。

     

     

    AGAは若い時期から少しずつ髪の毛が薄くなる病気ですから、若い内に病気を発見して治療をする事が大切です。その為には定期的な健康チェックをするのが簡単で手間がかからず役に立つものです。病気の発見が早ければ早いほど治療は簡単で時間がかからず、経済的負担も少なくなります。早期治療を施せば健康な身体を長く維持することができるのです。目に見えて薄毛が進み、自覚症状として現れた頃には病状はかなり進行しています。自覚症状が現れてから難しい病気として治療をするよりも、定期的な健康チェックで早期発見をして、簡単にすぐ治る病気として早期治療を受けるのが賢明な判断と言えます。

    自分でできるAGAセルフチェック法

    薄毛や抜け毛に悩む男性は少なくありません。そんな中男性型脱毛症、AGAは適切な治療で治る可能性があることがわかってきました。男性型脱毛症はDHTというホルモンの過剰分泌が原因です。そこでその分泌を抑え、そして頭皮の血流をよくすることで頭皮環境を整え、発毛を促進するというのが今の治療法なのです。しかし、クリニックで治療となると決断が必要です。まずクリニックに行くことに対して勇気がいりますし、それに治療は全額自己負担なので高額な費用がかかります。そこで実際にクリニックで治療する前に自分が本当に男性型脱毛症なのか、そのセルフチェックをするといいのです。そこでその方法を簡単に説明します。

     

     

    まずこの脱毛症の特徴としていわゆるM字ハゲがあげられます。剃りこみを入れたかのように前頭部から髪の毛が後退していくのです。またツムジから後退していく場合もあります。これらの症状が見られたらAGAが進行中の可能性が高いのです。また、家族にいわゆるハゲが多い場合も可能性大です。遺伝との関連性が指摘されているからです。見た目からの判断も重要ですが、今進行中であるかどうかをみるためには、毎日の抜け毛をチェックすることです。朝起きて枕に付いた毛やシャンプーの後の抜け毛などをチェックしましょう。本数も大事ですが内容をみましょう。細くて短い毛があったら要注意です。というのは毛は本当は強く長く成長してから抜け落ちるのですが、それが細くて短いまま抜けてしまっているのは、薄毛が進行している可能性が高いということなのです。抜け毛のうち3割以上が短い細い毛であると進行している可能性があります。

     

     

    シャンプー後の抜け毛をみるとその本数の多さにびっくりするのですが、このように本数よりも内容が重要なのです。長い毛が抜けているとそれだけでたくさん抜け毛があると思われますが、実はそれは問題ないのです。問題が細く短い抜け毛なのです。細く短い毛の抜け毛が多いなら男性型脱毛症が進んでいる可能性があるので、クリニックなどで診断を受けて治療を開始するのがいいでしょう。ただし、クリニックの治療は前述のように健康保険が使えません。それに使用する薬の特性上、薬によって毛が生えてきたとしても服薬をやめるとその効果がなくなってしまうため、髪の生えた状態を維持したいのなら、それなりの金額を払って治療を受け続ける必要があります。経済的負担がかかるので、それなりに生活に余裕がないと継続できないかもしれません。

    今の抜け毛はAGAの症状かどうかをセルフチェックして対策を考える

    AGAは遺伝や男性ホルモンが関係する男性型の薄毛のことです。抜け毛が増えてくると、このままもう新しい毛は生えてこないのではないかと気になりはじめ、自分で髪のボリュームが減量したように思えてきたり、家族や友人などに指摘されるようになってくると、いよいよ本格的に対策を考えて、それ以上薄毛にならないようにすることが必要になってきます。

     
    薄毛は放置していて自然に治るものではありません。進行していくものなのでどこかで自分で食い止めていくように努力することが大切になってくるのです。だからといって深刻になりすぎてストレスをためこんでしまっては逆効果になるので、深刻になりすぎないことも重要になってきます。

     

     

    最近は薄毛に対して、シャンプーや育毛、発毛剤、サプリメントなどの商品がたくさん販売されたり、専用の病院もあるので、対策の方法としていろいろ選ぶことができます。インターネットを見るとさらに多くの情報があるので、それほど深刻にならずに対処方法を考え実践していくことができます。インターネットのサイトでは自分の抜け毛が薄毛につながっていくかどうかを診断してもらうことができるセルフチェックなどもあります。

     
    そのチェックでは、両親や祖父母などの家族に薄毛の人がいるかどうか、髪の毛が細く柔らかくなってきたか、頭のどの部分が薄くなってきたかなどのチェックに答えるだけで、AGAの症状であるかどうかを診断してもらえます。だからまずはそのようなチェックを利用し、自分の髪の毛の状態をまず知ることが大切です。

     

     

    そして薄毛になる可能性がある場合には、髪の毛のことを勉強しながら毛母細胞を活発にさせてまた新しい毛が生えてくるようなシャンプーや発毛剤などを選べばよいでしょう。いろいろな商品について口コミや体験談も多く記載されているので、それらを参考にしながら自分に合った対処法を考えるとよいでしょう。

     
    毛母細胞が不活発になっている原因は頭皮にしっかり栄養がいきわたっていないからです。頭の先にまで血流がいきわたりしっかり栄養を取りこめる状態になった毛母細胞はまた活発になって新しい毛を成長させることでしょう。そのためにはシャンプーや発毛剤などを気長に使用すると同時に頭皮のマッサージをしっかりし、食生活や睡眠、運動などの生活習慣を見直しストレスを溜め込まないことが大切になってくるのです。

     
    そうすることで発毛が期待でき、しかも体全体が健康になってくるのです。

    AGAのセルフチェックで状態を把握。髪の横や後頭部もチェックしてみましょう

    AGAはその正式名称を「Androgenetic Alopecia」と言います。アンドロゲンとは俗に男性ホルモンと呼ばれている物です。これにより起きる脱毛症なので脱毛症を意味するAlopeciaを足して病名となります。

     
    近年、薄毛の原因の1つとして認知が広まっているものですが、どの様な病気なのかまでは認知が進んでいません。脱毛症はストレスで起きる特別なものという先入観や、薄毛は加齢で自然と起きるものというイメージがある為、病気のリスクについて理解が進みにくいのが原因です。

     
    発病は思春期以降の若い時期から始まります。そして徐々に病状が進行し、症状は薄毛の自覚として現れるものです。早期発見と早期治療により効果的な対策ができる病気ですから、セルフチェックをして症状の有無を確認してみましょう。

     

     

    チェックを行うには、病院が公開しているチェックシートを利用するのが簡単です。インターネットのサイト上で診断コンテンツを紹介している病院も多くあります。該当する項目をチェックすればすぐに結果を知ることができて便利なものです。チェックする項目には、額上部や頭頂部の毛髪が薄いかどうかや、思春期以降に髪が薄くなり始めたか等を調べていく事になります。数分で終わる手軽なものです。

     
    一般的な症例や病院に訪れた患者の方々の症例と照らし合わせた結果が表示されるので、健康状態や病気の進行状況を大まかに知る事ができます。診断結果は通院の目安の1つとなるでしょう。

     
    この際、病院の診断コンテンツには紹介されていないチェック方法ですが、髪の横や後頭部を触って髪のボリュームをチェックしてみましょう。AGAは額の髪の生え際や頭頂部が薄毛になる病気です。しかし、それ以外にも脱毛症は存在するものですから、髪の横や後頭部等を調べることで、自分が別の脱毛症にかかっていないかチェックする機会になるのです。

     

     

    セルフチェックを利用する事で、病気は自覚症状が現れる前の段階で発見できます。早期発見は早期治療の第1歩です。発見と治療が早ければ早いほど対策は簡単で治療期間も短くなりますから、早期発見をする事に越したことはありません。逆に、病気が進行した状態では治療は難しくなり治療期間が長く、経済的な負担も大きくなります。重い病気と化してしまう前に、軽い病気の内に治すのが賢明です。

     
    チェックを行う事は、もしかしたらと思い当たる所がある方だけでなく、思春期以降の男性に共通して行う価値のある事と言えます。たった数分で終わるチェックをするだけで、重い病気を避けて健康を長く維持する事ができるのです。

    髪のスタイリングがし辛い、毛量が少ないと思ったらAGAのセルフチェック

    AGAは日本語で、男性型脱毛症と呼ばれます。文字通り男性に多い病気であり、その症状は思春期以降や20代以降の若い時期から徐々に毛髪が薄くなっていくのが特徴です。額の生え際や頭頂部に症状が現れるものであり、病院で治療を受けることで対策を行い、改善する事ができる病気です。

     
    対策は早ければ早いほど治療が簡単で治療期間は短く、経済的な負担も少ないものです。効果的な早期治療を受けるには早期発見が重要となります。早期発見の方法としてはセルフチェックが最も簡単にできるものです。時間もお金もかからず手軽に使える便利な方法ですから、鏡の前に立った時にチェックをしてみると良いでしょう。

     

     

    髪のスタイリングがし辛い感じがあったり、毛量が少ないと思える事があったりする等、頭髪に違和感を感じたら初期症状の現れかもしれません。まず、スタイリングしにくいポイントを調べてみましょう。前髪が少なくてセットが決まらない事や、頭頂部がぺったりとしてボリューム感が無い事は、病気の影響で薄毛が進んでいる可能性があります。

     
    より詳しく調べたい場合は、病院のホームページで公開されている診断コンテンツを利用すると良いでしょう。10項目程度のチェックシートにマークを入れていくだけで、すぐに結果がわかります。自分の健康状態を大まかに把握できて、通院の目安にもなる情報を手軽に得ることができます。自覚症状が無い方でも、1度はチェックをしてみると良いでしょう。発見も治療も早ければ良いものですから、自覚症状が現れる前に対処するのがベストと言えるからです。

     

     

    AGAは病気の1種であり、病院での治療ができます。毛髪が薄くなる現象は加齢と共に起きるものというイメージがありますから、年齢が若い人ほど自分に関係のない病気と思いがちです。しかし、発症は早ければ思春期以降に始まり知らない内に徐々に病状が深刻化していく病気ですから、セルフチェックを行わなければ自覚症状が現れるまで気が付きにくい特徴があります。

     
    朝の準備中に髪の毛をセットし辛いと思ったり、お風呂に入って髪を洗っている時に毛量が少ないと思ったりした時には、病気の症状が現れ始めた可能性があります。治療が難しい時期になって病院へ駆け込むよりも、治療が簡単ですぐに治る時期に対処をする方が大切です。
    自分は大丈夫と油断をせず、試しに1度チェックをするだけでも価値があるものです。自覚症状を感じ始めてからでも遅くはありませんし、感じる前からでも早くはありません。

    髪伸ばす方のAGAセルフチェック方法。横のボリュームと縦のボリュームを比較しましょう

    AGAは日本語で男性型脱毛症と呼ばれ、近年認知が進んでいる病気の1つです。病名の通り男性に多く発病する病気であり、その発病時期は思春期以降という早さが特徴です。発病すると額上部の生え際や頭頂部にある髪の毛が徐々に薄くなる症状が現れてきます。自分が病気にかかっているかは、セルフチェックで調べる事もできます。早く発見すれば病気の初期段階で治療を始められるものです。早期発見と早期治療は、病気を簡単に素早く治す第1の対策と言えます。

     
    チェックを行う際は頭髪の状態を調べる事になりますが、髪伸ばす方は薄毛かどうかを判別しにくいものです。そこで、チェック方法を少し工夫する事により、薄毛かどうかの判別をしやすくできます。

     

    髪伸ばす方が使いやすいセルフチェック方法は、髪の毛のボリュームを調べることです。AGAは額上部の生え際と頭頂部の薄毛が進行する病気ですから、発病すると頭頂部と側頭部で髪のボリュームが違ってきます。鏡を見て縦のボリュームと横のボリュームを比較してみましょう。ボリューム差が有り過ぎる場合は発病している恐れがあります。

     
    より確実なチェック方法は、病院のチェックシートを利用する事です。インターネットのサイトでチェックシートを公開している病院が多くあります。ネット上で入力してすぐに結果を知ることができる、数分で健康調査が可能なコンテンツです。チェック項目には、家族に薄毛の方が居るかどうかや額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなっていないか等があります。チェックした内容を元に、一般的な症例と来院した患者の症例から分析され、診断結果が表示される仕組みです。個々の病院により判断基準や患者の症例が少しずつ違う為にチェック項目の内容は差異がありますが、およそ10項目ほど答えるだけで終わります。

     

     

    病気の進行は徐々に進み、自覚症状を感じることは少ないものです。しかし、チェックを行うことで病気の初期症状を早期発見する確率が高まります。自覚症状を感じ始めてから治療を始めるよりも、病気の初期段階で発見して早期治療に入る方が、治療の難易度も期間も経済的負担も少ないものです。初期症状の時期と重症化した時期とでは、別の病気と言えるほど症状の具合が違うものです。たった数分間のチェックでも、軽い病気としてすぐに直すチャンスを増やせます。

     
    自覚症状の無い方や、自分は大丈夫と思っている方だからこそチェックをする価値が高いものです。健康な身体を長く保ち続ける為に、1度はチェックをしてみるのが賢い判断と言えます。